« ところどころで | トップページ | マイクロフォーサーズ効果(笑) »

2008年8月 6日 (水)

どっひゃー

マイクロフォーサーズだって(汗)。ちと予想だにしない展開…といいたいところだが、元々2桁機はどちらかといえばぶっとんだ方向系だったし、300系ってある意味一眼からの脱却を狙っていたような印象があり、オリンパスは反逆児的なキャラクターをもっているよな、と思っていたし、いろいろ漏れ伝わる情報等を紡いで見ると、2桁機に対するオリンパスの思いが「通常の一眼レフと違った方向を模索した結果生まれるもの」という方向なんじゃないかと思っていたのでその意味においては合点がいくなぁ、と。
フォーサーズの余裕あるフランジバック(そのおかげでアダプタで他マウント使いまくりだそうですが)を大胆に切り詰めても性能確保はできると踏んだわけですから、ある意味王道かも。しかもレギュラーフォーサーズのレンズはフランジバック埋める(&信号ラインを変換する)ためのアダプタかませれば使えるという、過去資産にやさしい規格でもある、と。さらに未来を見据えて動画もやっちゃうよ、みたいな。もうレンズ交換式という部分だけが残って残りはコンシューマーカメラ(ビデオ)のベクトルそのまんま、という大盤振る舞いな進化ともいえますね。
でも、個人的にはE-510の上位な方向で、E-3まではちょっと、という思いをかなえてくれるものが2桁機だと信じていたのでその意味では残念。
するってーとなにかい?俺にマイクロのボディとマイクロな標準レンズ、それにE-3を買えってことですかい?そりゃ破産しますがな(爆

まぁともあれ、フォーサーズ陣営にはよい意味でやられたなぁというのが印象。個人の思いとは少しずれたけど、この方針は戦略間違えなければ面白いことになりそうな予感。

_8020484
「水芸」

追記。そー言えばパナソニックがどっかで最小レンズ交換カメラに言及していたのはこのことだったんですかね。さらにロゴが16:9を意識させるように仕向けているところが動画対応への布石ということなのかもしれないなぁ、と考えると、これを仕掛けたのはパナソニック側である可能性は極めて高いと思われるなぁ。

んー。ますます面白くなってきたぁ。

« ところどころで | トップページ | マイクロフォーサーズ効果(笑) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503928/42078999

この記事へのトラックバック一覧です: どっひゃー:

« ところどころで | トップページ | マイクロフォーサーズ効果(笑) »

無料ブログはココログ

google